ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

ゴルフの行き帰りで履く靴はどうしたらいいの?

 

マナーに厳しいとされるゴルフですが、ウェアや衣服など身に付けるものに関してはカジュアル化が進んでいます。昔ほど堅苦しいイメージはなくなったものの、最低限のマナーは守りたいところです。今回は初心者が意外と見落としがちな、行き帰りの靴についてまとめてみました。

 

 

コースに出るときはゴルフシューズに履き替え

近日めでたくコースデビュー!という人はすでにゴルフシューズを持っていると思います。芝の上はゴルフシューズを履いて歩くのが絶対条件ですので、持っていない場合は借りてでも履き替えなければなりません。

 

一昔前まではカチっとしたスパイク付きのゴルフシューズがほとんどでした。ところがここ10年くらいの間にソフトスパイク、スパイクレス、スニーカータイプとトレンドが変わってきており、パッと見ただけでゴルフシューズと判断できるものはかなり減ってきました。それでも靴の強度や滑りにくいソールなどゴルフ用に作られたものであることには変わりなく、実際にプレーしやすい仕様になっています。これについては裏を見れば一目瞭然です。

 

ゴルフシューズに履き替えるタイミングはロッカーでウェアに着替えるときです。つまり、それまではゴルフシューズ以外のなにかを履いている必要があるわけで、はじめてゴルフ場に行く人にとってはちょっとした難問と言えます。

 

 

 

革靴じゃなきゃダメ?スニーカーはOK?

ゴルフ=紳士のスポーツという話だけ聞けば「ビジネスシューズ?革靴?」と思うのも当然です。特に男性の場合、ジャケット着用をドレスコードにしているゴルフ場も多いため、そこから想像を膨らませると革靴でビシッと決めるのが普通なのかもしれません。

 

実際には一部の名門コースを除いて、行き帰りの靴に関する明確なルールはなく、サンダルや下駄(←今どき見かけませんが)以外ならOKという具合です。ゴルフ場に行ったときに人の足元を観察していればわかることですが、ビジネスシューズ、カジュアルシューズ、スニーカーなど結構バラついています。スニーカーについては議論されやすいところですが、ドレスコードに厳しいゴルフ場でなければ、特に注意されることもありません。

 

ほかにはゴルフシューズのままクラブハウスに入ってくる人もいます。距離が近いとか時間がないとかで自宅から履いてきてそのままというパターンもあるかもしれませんが、別の理由も考えられます。たとえばロッカーが使用できない早朝または午後ハーフなどは、車の中でゴルフシューズに履き替えるしかないというやむを得ない事情があります。

 

 

場と服装にマッチした靴を履くべき

ということで結論はゴルフ場のルールや雰囲気、そして当日の服装に合った靴を選ぶのがいいということです。郷に入れば郷に従うべきでゴルフ場のルールが最優先です。ホームページなどで特に記載がない場合、サンダル&下駄以外で自由ですが、ご自身がどういう服装をするかで判断しましょう。

 

たとえばお葬式に白いジャケットを羽織っていく人は常識的にゼロですよね。喪に服した黒い礼服やスーツじゃないとそれこそ白い目で見られるはずです。靴も同じ黒なら、違和感なく参列できます。

 

ゴルフ場に話をもどして、なにを履けばいいのかわからないという人はビジネスシューズ、革靴にしておくのが無難です。コースラウンドの経験を積み重ねると、こういうゴルフ場はこの靴でOKという判断ができるようになります。

 

 

 

まとめ

ゴルフ場には車で行く人がほとんどだと思います。同じ革靴でも、少しカジュアルでなおかつ運転しやすい靴を1足用意しておくと便利です。足元を見られるのは社会でもゴルフ場でも一緒ですので、マナー違反にならない程度におしゃれを楽しみましょう。

ゴルフの行き帰りで履く靴はどうしたらいいの?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫