ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

2019年02月18日 GOLF LIFE 練習方法 初心者

上達しない人が今すぐゴルフスクールに入るべきたったひとつの理由とは?

 

まだクラブを握ったことがない人にとって、ゴルフ=難しいという印象があると思います。確かにコースに出て楽しめるようになるまでは相当な時間を必要としますし、道具を買ったり、スクールに通ったりすればお金もかかります。それなのに絶対上手くなるという保証はありません。これからゴルフをはじめようとする人にとって、上達の近道はあるのでしょうか?

 

 

ゴルフは選択肢が多いほど難しくなる

ゴルフはやればやるほど自分が信じられなくなるスポーツです。昨日は上手くできたのに今日はまったくダメというのはよくあること。たとえばコースに出た途端、練習場のように打てなくなってしまうのはゴルファーあるあるです。

 

ダメになったときについ考えてしまうのが、ほかの練習方法です。こっちがダメならあっちを試してみようと、いろんなことに手を出してしまいがちです。雑誌、DVD、インターネットなど上達方法に関する情報はいくらでも手に入ります。最近はYouTubeなどネットに上がっている動画を参考にする方も多いのではないでしょうか?

 

それで上手くいくと正解と認めて、またいつか上手くいかなくなり、他の方法を探すようになります。時間をかけてもゴルフが一向に上達しない人はこのようなことを延々と繰り返しているわけです。

 

「スライスはどう直す?」という疑問ひとつとっても、解決方法は数えきれないほどたくさんあります。

 

選択肢の多さに人間がついていけず、さらにゴルフが難しくなってしまうのです。

 

 

 

スタートはゴルフスクールに入るべき

難しいゴルフをかんたんにしてくれるのがスクールです。人は学びとともに成長するのが普通で、ゴルファーもまったく一緒です。右も左もわからない子どものころは学校に通いましたよね(笑)

 

ところが、大人になると自分の力でなんとかしようと思ってしまいます。ついでに時間はかけてもお金はかけたくないとか。実際にはどうでしょう?時間もお金も想像以上に費やしてきたのではないでしょうか?

 

練習場も教材もタダではありません。コースに出るたびに大きな出費です。それなのに上手くならないのはもったいない話です。

 

スクールに入るべき一番の理由は自分で正解を考えないことです。教えられたことが正解なので、あとは体を動かすだけでいいのです。むしろ自分で考えはじめるとスクールに入った意味がなく、頭を空っぽにして話を聞き実践あるのみ。

 

 

疑うより信じる方が上達しやすい

ある意味、スクールという名の宗教に入信したと思うのがベターです。初心者である以上、スクールのやり方に疑う余地はありません。ただ性格的に合う合わないはあると思いますので、先生との相性は重要です。そこはこれまでの人生経験を活かして見極めましょう。

 

スクールに入ったあとは独学をゼロにします。個人的に練習場に行ってもスクールで学んだことの復習に留めておきましょう。スクールでドライバーを使っていない場合は、練習場でも打たない方が賢明です。理由は余計な悩みが増えてしまうからです。

 

確かな手ごたえが感じられるまで、学習がスコアに反映されるまで、1つのスクール、1人の先生を信じましょう。なにが正しいのか自分でわからない状態なのですから、疑うより信じることの方が大切です。

 

 

 

まとめ

ゴルフは道具やルールなどその複雑さゆえに、いろいろ手を出したくなるスポーツです。ただ技術面に関していえば、隣人のアドバイスが正しい確率はゼロに近いということです。体格も性格も個人差があるため、適用できるかどうかはまったくわかりません。相手がプロである場合は別です。体の調子が悪いとき、お医者さんの言うことは聞きますよね。そのくらいプロか否かは信用度において大きな差があります。

上達しない人が今すぐゴルフスクールに入るべきたったひとつの理由とは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫