ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

ゴルフはチノパンでOK、ドレスコードもクリアできる!?

 

はじめてコースに行くときに気になるのがウェアの問題です。ゴルフ場にはドレスコードがあり、テキトーな格好で行くのはマナー違反とされているからです。とはいえそのドレスコードにも緩い部分があり、かえって初心者ゴルファーを悩ませる原因になっています。今回は男性が迷いやすいパンツに焦点を当ててみました。

 

 

チノパンはゴルフウェアとして通用する

チノパンはカジュアルにもビジネスにも使い勝手のいいファッションアイテムです。特にあらゆる色のシャツやジャケット、靴に合わせやすいベージュのチノパンは男性なら誰でも持っているのではないでしょうか?

 

で、気になるのがチノパンはゴルフウェアという扱いになるかどうかという点です。ドレスコード違反の代名詞がジーンズだとすれば、チノパンはOKじゃないかと。

 

厳密にはチノパンはゴルフウェアではないですが、コースで穿くことに問題はありません。ゴルフウェアの定義もあいまいですが、ゴルフ用に開発されたパンツではないため、チノパンは非ゴルフ用です。ではコースで穿いてはいけないかというとそんなことはなく、よほど凝視されない限り、気づく人はいないと思います。またチノパンだとバレたとしても注意される理由はありません。

 

コースでのプレーが1回きりになるかもという人は多いと思います。そのためにわざわざゴルフウェアを揃えるのは金銭的負担が大きく感じるはずです。

 

少しでも節約したい場合はとりあえずチノパンで行くのもコースデビューするのも全然アリ。その上での注意点は次の項で説明しますね。

 

 

 

チノパンは動きにくさと通気性が難点に

腰を強くひねったり、大きく足を開いたりというゴルフ特有の動きがあります。スイングは本人が思っている以上に体を大きく動かし、特に下半身の運動量が多くなります。

 

当然、穿いているパンツにテンションがかかり、チノパンだと動きにくいというのが事実です。ゴルフウェアのパンツであればその辺の動きを踏まえて作られているため、プレーに支障をきたすことはありません。動きやすく、疲れにくい、そして通気性がいいこともゴルフウェアの必須条件です。

 

最初の3ホールくらいは気にならないかもしれませんが、たくさん打って、走り続けて、汗をかきはじめたころに「これじゃダメだ……」と思う可能性大です。見た目には問題なくても、機能性に難ありなのが普通のチノパン。手持ちのチノパンが伸縮性と通気性に優れているかどうかが見極めのポイントです。

 

 

チノパンのポケットはゴルフ用じゃない

またポケットの数と大きさ、付いている位置も大切な要件になります。ゴルフはプレーする際にスコアホルダー、ボール、ティー、マーカー、グリーンフォークなどいくつかの小物を持って歩かなければなりません。一番楽なのはポケットに収納することですが、そのポケットが使いやすいかどうかによって、プレーの内容やスコアは大きく変わってきます。

 

ご存知のとおり、チノパンのポケットはゴルフ用に作られていません。スコアホルダーを入れるには小さく、ボールを入れるとボコっと目立ち、先端の尖ったティーやグリーンフォークが素材を傷つけてしまう可能性があります。

 

ゴルフウェアのパンツだとアイテムの出し入れを考えた作りになっているため、ちょうどいいサイズのポケットが使いやすい位置に付いています。そのように最適化されたポケットが快適なプレーを実現してくれるのです。

 

手持ちのチノパンで心配な場合はあまり目立たないポーチをベルトに付けるようにしましょう。ゴルフ専用のポーチはそこそこ値が張るので、100均で売っているもので代用しても問題ありません。

 

 

 

まとめ

最後にゴルフウェアで一番重要なことをお伝えします。それは清潔感。どんなに高価なゴルフウェアでもボロボロで汚れていたらプレーする資格なしです。逆にリーズナブルなゴルフウェア、それこそユニクロのポロシャツやチノパンでもきれいにクリーニングされていて、清潔感があれば立派に見えます。まずは見た目に注意してコースに出かけましょう。

ゴルフはチノパンでOK、ドレスコードもクリアできる!?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫