ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

2019年01月21日 GOLF LIFE 初心者

レンタルOKなゴルフ場も!?コースデビューで必要な持ち物とは

 

ゴルフをはじめてレッスンにも通って、ついに迎えたコースデビューの日。でも、ここでふと悩んでしまうのがコースデビューのときの持ち物について。「なにを持っていけば大丈夫なの?」 ということではないでしょうか?

 

 

プレーに必要な道具一式と季節ごとのウェア

ゴルフ場でプレーするときは、プレーで使用する道具とウェアを持って行きます。道具はシューズ、クラブ、キャディバッグ、ボール、ティー、マーク、グローブなど一式。小物類は紛失しやすいのでまとめておくのがベターです。

 

ウェアは春夏秋冬の季節に合わせながら動きやすいものをチョイスします。夏なら日焼け止め、冬ならカイロやハンドクリームも欲しいところです。ほかにはキャップまたはバイザー、サングラスなどでしょうか。雨天時にはこれらとは別にレインウェアが必須になります。一式をボストンバッグに入れて持ち運ぶのが普通です。

 

ウェアはクラブハウスからコースに出る前に着替えます。来たときの服はロッカーに入れられるので気にしなくても大丈夫ですが、ゴルフ場のごとのドレスコードは確認しておいた方がいいでしょう。サンダル、スニーカー、ジーンズほか露出の多い服装はNGというコースがほとんどです。

 

なお夏場は汗をかいたり汚れたりすることを想定して、ポロシャツは2着用意するのがおすすめです。インタバールの食事休憩で着替えることができるので、汗っかきかどうかはさておき、持って行った方が無難です。

 

 

 

丸ごとレンタルできるゴルフ場もあり

すでにゴルフクラブは持っている人は小物類を揃えればOKですが、持っていない人にとっては悩みの種です。クラブ一式をまとめて買うとなると、たくさんお金が出て行ってしまうので、本格的にはじめるかどうか迷っている人にとっては難しい選択だと思います。

 

でも安心してください。

 

今はほとんどすべてのゴルフ場でレンタルクラブ、レンタルシューズを用意しています。しかも一流ブランドのゴルフクラブを、フルセットでレンタルできます。気になるレンタル料金は2,000~3,000円と一日借りると考えればかなりリーズナブルです。

 

ただし、レディース用、左利き用のクラブは用意がない場合があるので、事前にゴルフ場に問い合わせすることをおすすめします。ゴルフ場で借りることができなくても、ネットのレンタルサービスを利用する手があります。最初はとにかく安くプレーしたいという方は一度探してみましょう。

 

 

シューズだけは自前のものを用意しよう

先ほどゴルフシューズもレンタルできると言いましたが、なるべく自前のものを用意したいところです。サイズだけでなく足の形は個人差があり、ジャストフィットのレンタルシューズを探すのは難しいからです。シューズが足に合わず、途中で痛めてしまってはプレーどころじゃなくなってしまいます。

 

またゴルフは足元がしっかりしていないと上手く打てないスポーツです。コースデビューでナイスショットを夢見ている人にとっては軽視できない話。

 

いずれにしてもきちんとフィットしていて履きなれたシューズじゃないとゴルフを楽しむことはできません。

 

 

 

まとめ

ゴルフは準備にたくさんお金がかかるイメージがありますが、工夫次第で安く抑えることができます。未経験者のスタートは道具にお金をかけるより、なるべく多くラウンドして経験を積む方が望ましいです。お財布の中身と相談しながら、できる範囲でプレーを楽しみましょう。

レンタルOKなゴルフ場も!?コースデビューで必要な持ち物とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫