ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

2018年10月11日 GOLF LIFE 練習方法 初心者

お金と時間のムダ!?ゴルフ初心者はテーマを決めてから練習場に行くべき

 

練習場に行って、なんとなく100球くらい打って、上手くなると思っている人はいませんか?実は私がそうでした。クラブを知人からもらった時は、とにかく練習場に行き、打ち放題で100球でも200球でも、ぶんぶんと力いっぱい振っていました。体に覚えさせようとしていたのだと思いますが、そんなのでは正しいフォームも何も身に付きません。練習場に行く前には、まずテーマを決めていきましょう。

 

 

練習場でなんとなく打っている初心者は多い

私もそうでしたが、練習場に行き、なんとなくアプローチをして、なんとなくアイアン、ウッド、ドライバー、またアプローチと、打ち続けている人は多いです。

 

しかし、それでは、上手くいっていない原因となる「悪い癖」はそのまま残ってしまいますので、下手を固めていることになりかねません。しかもマズイのが、100球、200球と、球数を重ねていくにつれ、達成感が増してしまい、「やった気」になっていくのです。

 

実際にはなんとなく打っているだけなので、ラウンドに出て、「あんなに練習したのに、上手くいかないじゃないか」と憤りを感じる人もいると思います。

 

そういった方は、練習場でも上手くいっていない方が多いので、「練習場通り」と言えばそうなのですが……。

 

 

 

ココを直したいというテーマを決めておこう

大事なのは、テーマを決めることです。プレーで上手く行かない原因をつきとめて、「今日はこの練習をする!」と決めて、練習場に行きましょう。

 

練習ですから、どんどん失敗して、正しいものを身に付けていくことが大切です。

 

私は良くYou Tubeやインスタグラムなどで、ゴルフのスイングなどを載せている動画を観るのですが、そのたびに、自分と上手い人との違いを見つけるようにしています。

 

私が発見するのは、細かなことばかりです。テイクバックの手の通り道、ダウンスイングからインパクトまでの手の通り道は比較してどうか?フォロースルーはこれで良いのか?

自分自身で確認するためのテーマを持って行ってください。

 

自分でやっていて分からない場合は、上手い人に付き合ってもらい、アドバイスを求めるのも良いでしょう。私は一人ではあまり練習に行かず、友人を誘って練習に行くのですが、その友人に、客観的に見てどうかと聞きながら、アドバイスをもらっています。

 

また、それでも良く分からないときは、練習場に所属しているプロに聞きます。私が通っている練習場では500円で、プロから10分間のアドバイスを受けられるため、程よい時間で欲しかった回答を得られます。時間も短いので、プロからはワンポイントアドバイスのみになりますが、それがシンプルで助かっています。

 

そのアドバイスでまたテーマを作ってチャレンジするというサイクルで、試してみてくださいね。

 

 

苦手なクラブを数本持っての特訓がおすすめ

練習場には、フルセットを持っていきますか?確かに、フルセット持って練習場に行く人は、多いです。打席を見ても、ほとんどの打席の人たちが、ラウンドに持っていく大きなキャディバッグを置いている人が多いと思います。

 

けれど、初心者で、まだフォームが固まらないうちは、なにを持っても同じです。それなら、苦手なクラブを数本に絞って持っていき、得意クラブにしてしまうくらい、特訓してしまいましょう。

 

最初のうちは、クラブを振り慣れないことも多いです。まず1本、次に1本と、数本ずつのクラブで練習してみてください。そのクラブがいつか、いざという時の頼れる1本になれば、最高ですね。

 

 

 

まとめ

練習場でも、1球いくら、または1時間いくらで打ち放題など、お金がかかっています。せっかくお金をかけて練習するなら、なんとなくでするのではなく、テーマを決めて練習しましょう。1日で全部を直す必要はありませんし、それは無理だと思います。最初のうちは、苦手なクラブを数本持って、特訓するつもりで取り組みましょう。

お金と時間のムダ!?ゴルフ初心者はテーマを決めてから練習場に行くべき

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫