ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

2018年10月10日 GOLF LIFE 初心者

ミスショット激減!ゴルフ初心者は自分に合うティーの高さを見つけて

 

そのホールの最初のショットで使用する「ティー」。ゴルフショップに行くと、様々な長さの、プラスチックや竹製のものが売られています。「このティーに、一体何の違いがあるの?差されば何でも良いんじゃないの?」私は最初そう思っていました。けれど、ゴルフ初心者こそ、自分に合うティーの高さを見つけてほしいのです。

 

 

ドライバーはティーの高さで球筋が変わる

ティーの高さを考えたことがありますか?ティーによって、球筋が変わるなんて、想像したことがありますか?

 

私の最初のティーは、あるゴルフ中古ショップで行っていた、「ティーつかみ取り(片手で何本でも!)」というものでゲットした、竹製のティーでした。当時ゴルフを教えてくれていた方が、「ティーなんて消耗品だから、何でもいい!」と言うのです。

 

そもそも練習場でもドライバーの練習をするとき、ティーの高さをどれくらいに合わせるか?などあまり考えていなかった私ですから、本番でも、そんなことは頭にありません。

 

どれだけゆっくり振るようにして、なるべく同じスイングを心掛けても、ティーを意識していなかったため、高さが変われば出る球筋も変わります。低くてトップしたような転がりの球、高くて天ぷらに近い球、更にはそれに加え、右に置きすぎてスライス、左に置きすぎて引っかけ、のような具合です。

 

しばらくは何が原因なのか気づきませんでした。自分では同じようにスイングをしているつもりだからです。同伴者からの、「ティーの高さがいつもバラバラだよ」という一声で、ようやく気づくことが出来ました。

 

 

 

自分に合うティーの高さは人それぞれ違う

スイングは人それぞれなので、自分に合うティーの高さもそれぞれ違います。「あの人がこれくらいだから、同じ高さにしてみよう」と思っても、出る球筋が全く違うこともあり得ます。

 

自分に合うティーの高さは、練習で見出していく必要があります。その高さを見つけたら、最初のうちは、「ここまで差す」という目印を、ティーに引っ張って覚え込みましょう。

 

あらかじめ線が引いてあるプラスチック製のティーや、地面にそのまま置くタイプのティー、トマホークティーといって、高さを調節できるティーもあります。

 

ティーの高さによってティーショットの精度が変わってきますので、軽く考えず、どの高さが一番自分に合っているか?見極めていくことが大切ですね。

 

 

決まったルーティーンで毎回同じ高さにする

1ラウンドの中で、ドライバーは多いときでショートホールを抜いた14回使うと思います。どのときのティーショットは、毎回同じ高さでティーをセットしたいですよね。

 

ティーに目印となる、線やマークをつけるのも一つです。おすすめは、ルーティーンを決めて、その中でセットする、というものです。そうすると、ティーを差す動作だけでなく、その一連の動きがショットに向けてのルーティーンとなりますので、リズムよくプレーがスタート出来るはずです。

 

私の場合は、素振りをし、方向を取ってから、その方向に合わせてティーを差します。地面に少しだけティーを差し、右手の手のひらの真ん中に置いたボールで、中指が地面につくまで沈めます。

 

文章にすると分かりづらいですが、ボールを上から手のひらで包み、中指の長さ分だけティーアップしています。それが、私に合った高さだからです。少しでも高かったり低かったりした場合は、「すみません」と声をかけ、やり直しをします。それだけ、ルーティーンは「ショットの再現性」において、大切だと思っていてください。

 

 

 

まとめ

レベルの高いゴルファーをチェックすると、毎回同じ高さでティーがセットされているはずです。また、スライスをかけよう、フック気味に打とうなど、戦略的に攻める必要がある場合は、スイングもそうですが、ティーの位置も、調整しているはずです。”ただボールを置くためのもの”言ってしまえばそうかもしれませんが、それが第一打で大きな役割を果たしていることを意識して、是非、自分に合ったティーの高さを見つけ出してくださいね。

ミスショット激減!ゴルフ初心者は自分に合うティーの高さを見つけて

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫