ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

2016年04月12日 GOLF LIFE 競技方法 初心者 PR

初心者でも楽しめるラウンドスタイル「スクランブルゴルフ」とは

 

スクランブルゴルフはチームでプレーしてスコアを競う、チームゴルフの一つのプレイ方法です。

 

全員ティーショットを打ち、セカンドショット以降は、チーム内でベストポジションと思われるボールを選択し、その場所からチーム全員が打ちます。ホールアウトまでベストポジションのボールを選択できるため、通常のゴルフと比べて良いスコアが出るのが特長です。

 

スクランブルゴルフのプレー方法とルール

1. スクランブルゴルフは、4人(複数人)がティショットを打ち、その中から1つだけセカンドショットを打つボールを選択します。

2. チーム全員が同じ場所からセカンドショットを打ち、その中からまたサードショットを打つボールを選択します。

3. ホールアウトするまでこれを繰り返し、チームとしてのスコアを記録します。

 

スクランブルゴルフは通常のゴルフと違い、チームプレーのため4人で1つのスコアを記録します。

まだコースに出たことのない初心者から経験豊富な上級者まで、さまざまなタイプの人が気軽に参加できるラウンドスタイルです。

ティショットの制限

スクランブルゴルフでは、1チームが2名の場合は1人7ホール、3名の場合は1人5ホール、4名の場合は1人4ホールのティショットを選択(採用)する必要があります。

ただし、棄権などにより1チーム1名の場合はこの条件は適用しません。

また、ホールアウトの時点でこの条件をクリアできないときは1ホール につき2罰打とします。

 

 

セカンドショット以降 ティショット ~ グリーン

打順はチーム内で自由に決めることができ、ティショットからグリーンまで1人1回ずつボールを打ちます。

セカンドショット以降は【ティショットの制限】の条件を満たした上でベストポジションと思われるボールを1つ選択し、ティペグでマーク。

 

それ以外のボールは速やかにピックアップします。選択したボールと同じ表面(ライ)を持つ箇所で、ティペグからホールに近づかない半径30cm以内にボールをプレースして打ち、チーム全員がこれを繰り返します。

マークしたティペグは最後の1人が打つまで取り除くことができません。

 

 

グリーン上

グリーン上においても採用するボールを1つ選択し、マークした上でホールに近づかない半径15cm以内にプレースします。

全員がボールを順に打ち、チーム 内の誰か1人がカップインした時点でそのホールのスコアは確定します。

ボールマークは最後の1人が打つまで取り除くことができません。

 

 

バンカーの処理

バンカーに入ったときは、ボールをマークすれば砂を均してから打つことが可能です。

これと同様、イコールコンディションを保つため、1人打つごとに均すこともできます。

 

 

スクランブルゴルフの魅力

 

個人プレーのゴルフは自然以上に自分自身との戦いが多く、楽しい反面、やればやるほど疲れるという人も少なくありません。

その点、スクランブルゴルフはチームプレーの特性により、通常のゴルフにはない付加価値と魅力に溢れています。

 

 

誰でも気軽に参加できる!

 

ゴルフをしようと思うとき、まず決めなければいけないのが一緒に行くメンバーです。

「さて、今回は誰を誘おうか?」と人選に入りますが、一番考慮するのは経験やレベルではないでしょうか。

 

初心者だと様々な点で配慮が必要となり、逆に上級者だと自分の方が緊張してしまいそうです。

 

ゴルフはメンバーそれぞれに目標がありながら、ペースを合わせなければならないという気づかいの多いスポーツのため、なるべく同じレベルの人を集めようとしますが、そう簡単に都合がつかないものです。

 

スクランブルゴルフは通常のゴルフと違い、チームプレーのため4人で1つのスコアを記録します。

もし1人がミスしても、仲間の1人がナイスプレーでサポートすればOKで、誰か1人にプレッシャーや負担がかかることはありません。

 

まだコースに出たことのない初心者から経験豊富な上級者まで、さまざまなタイプの人が気軽に参加できるラウンドスタイルです。

 

プレーの進行がスムーズ!

 

一般的なゴルフ場が推奨するプレー時間はハーフ(9ホール)2時間10分から15分、フルコース(18ホール)で4時間30分が目安になっています。

上手な人ばかりが集まれば余裕を持ってクリアできますが、実際のコースラウンドではそう思うように進まないのではないでしょうか?

 

アドレスから打つまで時間がかかる、チョロやダフリでボールが前に飛ばない、アプロー チのミスで、なかなかグリーンに乗らない人など、経験やレベル、性格によってプレー時間に個人差が生じます。結果、後ろの組から急かされたり、足早にグリーンから立ち去らなければならなかったり、食事休憩が短かったりと慌ただしいゴルフになってしまいます。

 

ラウンド中、イライラが募り険悪な雰囲気になることもあるでしょう。

時間に追われるゴルフが続くと、プレーに集中できず、スコアも崩しやすくなります。

せっかくゴルフ場に来ているのですから、もう少し落ち着いてコースを歩きたいものです。

 

スクランブルゴルフはメンバーの中のベストボールを選択するため、タイムロスが少なく、プレー進行がとてもスムーズです。時間的にも気分的にもゆとりができ、じっくりゴルフを楽しめます。

 

コミュニケーションが楽しい!

 

仲間とのコミュニケーションもゴルフの楽しみのひとつです。

 

ラウンジやレストランでのゴルフ談義はゴルファーにとって一番のリラックスタイム で話題も尽きません。

ところが、わりとおしゃべりな人でもコースに出た途端、急に口数が減るということはよくある話。

 

やはり、目先のプレーに集中しようと 思うと、普段通りの会話は難しいようです。

会話は減っても「ナイスショット!」や「ナイスイン!」といったお決まりの掛け声など、ビジネスライクなコミュニケーションは必須です。

 

ちょっと困るのは誰かがミスをしたとき。

 

例えば職場の上司や年配の方がフルスイングでダフったときなどは、微妙な空気が漂う中、どう声をかけていいのかわからなくなってしまいます。

この閉塞感が苦手でクラブを持たないという人もいるくらいですから、ゴルフで一番難しいのはコミュニケーションなのかもしれません。

 

スクランブルゴルフは一緒に戦略を立てたり、珍プレーで盛り上がったり、ナイスショットでハイタッチなど、楽しいコミュニケーションの連続です。

 

チームプレーならではの一体感が味わえるとともに、メンバー同士の親睦が深まりやすいのもスクランブルゴルフの特徴です。

 

 

さいごに

スクランブルゴルフの認知度はまだ低く、経験者もそう多くありません。

しかし、スクランブルゴルフを知ってもらい、一度でも参加していただければ、すぐにその魅力を体感できるはずです。

ゴルフライフはゴルフ場との協力関係を築きながらスクランブルゴルフを通じて、ゴルフの楽しさを広げていきます。

 

スクランブル方式を採用した競技ゴルフ大会
ゴルフライフ スクランブルゴルフツアー

 

引用元記事

GOLF LIFE 新しいラウンドスタイル「スクランブルゴルフ」とは
初心者でも楽しめるラウンドスタイル「スクランブルゴルフ」とは

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫