ゴルフがやりたくなるWEBマガジン

カップイン直前!グリーン上の大切なマナー

ゴルフをプレーする中で、最も神経を使うところがグリーン上です。


パッティグに神経を使うだけでなく、非常に繊細なグリーンの芝にも注意しなければいけません!

 

カップイン直前!緊張感もピークのグリーン周りで集中してプレーできるよう、マナーをおさらいしてみましょう。

 

 

他人のラインを絶対に踏まない!

 

グリーン上での一番のマナー違反といえば、他人のパッティングラインを踏んでしまうことです。


シューズの痕で芝が傷ついてしまい、パッティングに影響が出てしまうんです!
グリーンに入る前に、他の人のラインをチェックし、多少遠回りでも、ボールやプレーヤーの外側を歩くようにしましょう。

 

意図的に踏んだり触ったりすると、二打罰が加えられます。

「地面を直せば大丈夫でしょ?」と、いうわけにもいかず、スパイクマークと呼ばれる歩いた後のグリーン場の傷を直すことは、ルールで禁止されているんです。

 

 

グリーン上では、走らない!飛びはねない!

 

グリーンの芝はとっても繊細です。ちょっとしたことで芝が傷ついてしまいます。


プレーが遅れ気味で後の組に気を使ったとしても、グリーン上は走らずに静かに歩き
グリーンを出てから走るようにしましょう。


また、難しいパットが決まったり、バーディパットを決めても、嬉しさのあまり飛び跳ねるなんてことは決してしてはいけません。


『グリーン上』では、常に静かに動くことを忘れないようにしましょう!

 

 

靴底を引きずらないで!

 

ラウンドの後半になって足に疲れが出てくると、ついついスパイクを引きずって歩いてしまいがちです。
スパイクを引きずると、グリーンの面をひっかいてしまい芝を傷つけてしまいます。


少しでも傷があると、ボールの転がり方がかわってしまったりして、パッティングに大きな影響が出てしまいます。
疲れが出てしまった時は、せめて、グリーン上だけでいいので、気をつけるようにしましょう。

 

 

カップインのその瞬間まで!グリーンのマナーは続く。

 

ゴルフコースでも非常に大切な場面である、グリーン。

 

繊細にお手入れされた綺麗なグリーンを、同行者や後の組の方々も気持ち良くプレーできるように、ルールとマナーを守って楽しくプレーしましょう。

 

 

 

引用元記事

CURUCURU 忘れがちなグリーン上のマナーを確認!
カップイン直前!グリーン上の大切なマナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

この記事を友達に教える

関連する記事

ゴルフをはじめる方へおすすめのゴルフレッスン特集一覧を見る≫

お得なゴルフレッスン情報一覧を見る≫