ゴルフスクール支援サービス

ゴルフライフが提供する
ゴルフスクール支援サービス|ブログ

 

【人材育成の決定版】スタッフのモチベーションをあげるコツ

運営(マネジメント)
2016.11.30

fubuki_j_yuyuu

「もっと売り上げを伸ばしたい」、「もっと集客しなくては」など、スクール経営の悩みは尽きないものですよね。

 

こうしたときに今一度見直してほしいのが、「スタッフ」です!

 

ゴルフスクールに限らず、あらゆる企業・店舗経営において最重要ポイントになるのが「人材育成」だと言えます。

 

スターバックスやディズニーランドは全国に数多く店舗展開していますが、退職率の低さが有名ですよね。

 

退職率の低さは、スタッフの熱意とも比例します。
スタッフの熱意がある店舗ほどサービスの質も高くなり顧客満足度も上がるのです。

 

顧客満足度を上げるには、まず従業員満足度から!

 

ゴルフスクールの経営を安定させさらに伸ばしていくためにも、スタッフのモチベーションを高めて育成しましょう。

 

さっそく今回は、スタッフの育成法「スタッフのモチベーションのあげ方についてご紹介します。

 

 

1、インセンティブ制度を作る

インセンティブとは、いわゆる成果報酬。
会社側で決められた目標を達成した際に、通常の給与とは別に支払われる報奨金のことを指します。

 

意欲向上や目標達成のための刺激策として有効で、よく営業会社で導入されています。

 

インセンティブを出費のように感じるかもしれませんが、

それだけの成果を出した場合に限定されているため、会社側も痛手になりません。

 

むしろ、今まで不振だった人は
「インセンティブがほしいからもっとがんばろう!」

 

と思うようになりますし、既に成果を出している人は
「報酬があるからもっとがんばろう!」
とさらにやる気を出すため収益は伸びていくでしょう。

インセンティブ制度がないと「がんばっても意味がない」と感じやる気が持続しません

ゴルフスクールであれば、クロージングして入会させた入会数でインセンティブを導入しましょう。

 

 

2、成果を掲示する

fubuki_j_yuyuu

インセンティブ制度を合わせて行ってほしいのが成果の掲示。

 

入会者数などを担当者別にグラフにしてはり出せば、だれががんばっていてだれが怠けているのか一目瞭然です!
経営者側からしてもスタッフを正しく評価する指針になります。

 

さらに、有能なスタッフが「あいつは頑張っていないのに気に入られている」などと不満を感じて退職してしまった……
などのリスクも回避できます!

 

モチベーション維持のためにぜひ取り入れてくださいね。

 

 

3、休憩中にゴルフ練習ができる

飲食店でいう『まかない』のように働いているからこその恩恵を受けると「ここで働いていてよかった!」とうれしくなるものです。

 

スクールでゴルフ練習が出来るのはスタッフにとって大きなメリット!

せっかくそのスクールで働くならスクールの良さを知っている方がいいですし、使うことで改善点も見つかるかもしれません。

 

スタッフだからと利用禁止すると
「がんばって働いているのに施設利用もさせてくれないお店なんだ」
と感じ、意欲が落ちてしまいます。

 

スタッフがゴルフをすれば、ゴルフトークしやすくなるのでスタッフ内のコミュニケーションを深めるきっかけになり、チームワークも高まるでしょう。

 

 

4、スタッフ同士の交流会を定期的に開く

img_01

スタッフ同士の仲を深めるには交流会を開くのもお忘れなく!

 

仕事上の付き合いとはいえ、一日の大半をいっしょに過ごすメンバーとの関係は大切です。

「この人とは働きたくない」
「仲良くないから話にくい」
などの悩みがあったら、通勤するのも嫌になってしまいスタッフのモチベーションが上がりません。

 

月に1回は任意の交流会を、2月に1回は全員参加の会を開くようにしましょう!

 

 

 最後に

fubuki_j_gygyg

いかがでしたか?

スタッフのモチベーションを維持できれば、育成できます。

 

スタッフさえしっかり育てばあとは集客すればOK!
満足度が高いので、そのまま入会してくれるでしょう。

 

どうやって集客すればいいのかわからない!
という方は、ぜひゴルフライフへご相談ください。
スクールの特徴を生かした集客法をご提案します!

ゴルフスクールの集客のことならゴルフスクールガイド
カテゴリ
マーケティング(11)
全般(4)
施策(4)
運営(マネジメント)(26)
集客(17)
ゴルフがやりたくなるWEBマガジン