ゴルフスクール支援サービス

ゴルフライフが提供する
ゴルフスクール支援サービス|ブログ

 

ゴルフスクールの人材マッチングサービス誕生!ティーチングプロを確保

運営(マネジメント)
2018.02.01

004

【1】人材確保は至難の業!マッチングサービスの活用を

リクルートキャリアの調査によると、同社のサービス「リクルートエージェント」を利用した約4万人について分析したところ、転職により賃金が明確に増加した人の割合が2017年10~12月期に初めて3割を超え、転職により賃金が上がる人の割合が、若手人材を中心に増えていることがわかりました。

つまり、人材不足により若手人材の確保が困難になっていて、採用者よりも転職者が有利な売り手市場が続いているということです。

 

ゴルフスクールに関しても、ゴルフスクールが増えている一方で優秀なゴルフスクール人材が不足していて、求人を出してもなかなか採用できないのが実情。ゴルフスクールの方から「いい人材が見つからない」と相談されることも増えてきました。

 

そこで、ゴルフライフは人材相談にお応えできるよう、ティーチングプロの紹介をスタートしました。ティーチングプロからも「転職したいが、良いゴルフスクールはないか」という相談も受けることがあるため、転職中のティーチングプロと採用中のゴルフスクールを引き合わせる人材マッチングサービスを提供しています。

 

 

【2】求人広告でゴルフスクールの魅力を的確に伝えるコツ

0909090

実際にティーチングプロの話を聞くと、気にするポイントはさまざま。待遇を気にする人が多いものの、職場環境など雰囲気がよければ入社後長続きしやすく、すぐに退職してしまうリスクが軽減できます。退職率が高いとその分採用費がかさみ、経営を圧迫するうえにサービスの低下ももたらすので要注意です。

 

転職者が求める要素を的確に伝えている求人広告は意外と少なく、効果的に求人広告でゴルフスクールの魅力を伝えられていないケースがあり、非常にもったいないです。また、求人広告では写真もとても大切です。理想の人材像と一致するティーチングプロの写真を活用すると、近しいタイプの人が親近感を感じて応募しやすくなり、有望な人材獲得につながりやすくなります。そのため写真は妥協せず、きちんとプロの甘楽マンに頼んでキレイな写真を使った方が採用確立が上がり、結果的にコストパフォーマンスが上がる可能性が高いです。

 

 

まとめ

img_ec_160621

最近は採用がどんどん厳しくなっていて、「なんとなく」の求人では人材獲得できない時代に突入しました。こうしたゴルフスクールの求人広告制作やアドバイスもゴルフライフで承っているので、お気軽にご相談ください。

 

 

ゴルフスクールの集客のことならゴルフスクールガイド

関連するキーワード

カテゴリ
マーケティング(11)
全般(4)
施策(4)
運営(マネジメント)(26)
集客(17)
ゴルフスクールの集客のことならゴルフスクールガイド
ゴルフがやりたくなるWEBマガジン