【スイングのリズム改善】歩きながら打つ!練習法

こんにちは。加藤凛です。

 

先日、上野動物園でしゃんしゃんを見てきました!!!

 

 

一瞬でしたが、ちょっと眠そうな目でこちらを見てました。可愛い、、、。

 

 

さて、今日もSpoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。

 

レッスンも残すところ、今日を入れてあと2回!!総仕上げして、有終の美を飾りたいところです。

 

今日のレッスンのポイントは、【スイングのリズム改善】歩きながら打つ!練習法 です。

 

バックスイングの癖が永遠の課題である私。

 

「良いスイングをしたい!」と思うあまり、力んでしまうのがダメなようです。

 

そこで今日は、バックスイングを小さくするため&スイングのリズムをつかむために、歩きながらスイングで練習してきました。

 

 

【スイングのリズム改善】歩きながら打つ!

 

 

私は、バックスイングが大きくなりすぎてしまうため、トップでクラブが背中側に倒れてしまいスライスになってしまうのが、いつものダメなパターン。

 

単純に、バックスイングで上げ過ぎ!なのですが、コレを直すのは、トップの位置を直すだけでなく、スイング全体のリズムを変えなければ改善しません。

 

 

でもスイングのリズムって、1度慣れてしまうと、なかなか変えれない!!!

初心者ゴルファーさんあるあるなのでは?笑

 

 

この2つの問題を、どちらも解決できでしまうのが、歩きながら打つ!練習法です。

 

方法は、最初はちょっと難しいですが慣れれば簡単。

 

いつものアドレスの位置から、2歩分後ろに下がります。

 

そこから、右足から1歩踏み出し、スイングを始め、次に左足を1歩踏み出し、振り切ります!

 

1歩分の間しかバックスイングできないので、必然的にバックスイングは短く。

 

左足を踏み込んだ後の、スイングは大きくとることができます。

 

右足と左足を同じような、テンポで、リズム感を大事にスイングしていきます。

 

アドレスのボールまでの距離感がつかみにくくなるので、注意してください。踏み込みすぎるとスライス、逆に遠すぎるとトップになります。自分のベストなアドレスの立ち位置を、ボールから見極める感覚もつかむことができます。

 

最初は完全に振り遅れましたが、だんだん慣れてくるとリズム感が楽しい!空振りしてもいいから、とりあえず振ってみる!という意気込みで振り切ると、意外とポーンと飛んでいきます。

 

 

さあ、最後のレッスンは好調で乗り切れるのでしょうか!

 

 

では。