コース攻略のカギになる【自分の持ち球を知ってスコアアップ!】

こんにちは。加藤凛です。

 

昨日も、雪が降った東京。この寒さはいつまで続くのでしょうか??

お部屋のエアコンが寒さで疲れ気味なのか、調子が悪いです。寒いです。。

 

かとう りんさん(@rin_katou)がシェアした投稿

 

大学卒業まで、あと1ヶ月半!!ということで、来週から卒業旅行に行ってきます〜。楽しみです。

 

さて今日も、Spoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。

今日のレッスンのポイントは コース攻略のカギになる【自分の持ち球を知ってスコアアップ!】です。

 

 

久しぶりに好調でした、今回のレッスン!そこで、好調だからこそ分かる、自分の持ち球について教えていただきました。

 

 

ストレートボールだけが正解ではない?【自分の持ち球を知ってスコアアップ!】

 

 

 

ゴルファーの皆さん、自分の”持ち球”ってご存知ですか?

 

私はずっとスライスしてしまう癖を直すためにスイング矯正をしてきたのですが、、先生に「スイングいい感じですね!」と言われるような日でも、ボールが必ず真っ直ぐに飛んでいくわけではないんです!!

 

スライス傾向が目立っていた時に比べれば、かなりストレートボールに近づいてはいますが、おそらく広い練習場に行けば、軌道の最後には右に行くかな、、、?というようなボール。

 

これが自分の”持ち球”なんだそうです!

 

ゴルファーであれば、真っ直ぐに飛んでいくストレートボールを目指して練習するものですが、このストレートボールを目指すという練習は実はかなり非現実的。

 

なぜならば、プロのゴルファーであっても、毎回ストレートボールを打てるゴルファーというのはかなり珍しい!では、なぜプロゴルファーがコースを攻略できるのかというと、自分の持ち球に合わせたコースマネジメントを行っているからなんです。

 

 

コース攻略のカギになる【自分の持ち球を知ってスコアアップ!】

 

かとう りんさん(@rin_katou)がシェアした投稿

 

 

自分の持ち球に合わせたコース攻略とは、自分の持ち球が「どちらにどのくらい曲がるのか?」を熟知しておき、その曲がりを前提にコースの攻略法を組み立てていくことです。

 

そのためには、まず自分の持ち球を知ることが大切です!「曲がること」を前提にしていいとはいえ、毎回違う方向に曲がってしまうのでは攻略のしようがありません。

 

まずは、練習場やレッスンの時に、自分の癖を知り、10球打ったうち何球が癖の通りに曲がったのかを知るところから。

 

スイングの癖を知り、それを自分の持ち球だと言えるようにならば、コースでのショットの際に「これくらい曲がるだろう、、」と予想して打つことができるようになります。たま〜〜にストレートボールを打てたのなら、それはラッキー!!と思うこと。「毎回ストレートボールを目指して飛ばしているのに、毎回曲がってしまう、、、」と、凹みながらゴルフを続けていくのは、精神的にちょっとつらかったりしますよね。

 

 

 

自分の許容範囲を広げながら、楽しくラウンドできるようになるのも、持ち球を知ることの大きなメリットです!!

 

レッスンのたびに、好調ならいいのですが、そうもいかないのがゴルフの面白いところですよね〜不調の波も楽しく乗り越えていきましょう!!

 

では。