スイングの再現性を高める!【フォローの右足の使い方】

こんにちは。加藤凛です。

 

卒論に追われております。追い込まれないと頑張れないタイプです。

 

締め切りまで1ヶ月を切らないと本気を出せません、、、。間に合いますように、、。

 

 

さて、今日もSpoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。今日のレッスンのポイントはスイングの再現性を高める!【フォローの右足の使い方】です。

 

フォローの時に、右足がクイっと外側にいってしまう癖があるな〜〜と自分でも気がついていたのですが、ついに先日のレッスンで先生に指摘され、修正が入りました。

やっぱり癖になると、スイング全体のバランスが崩れるようですね、、。早く直せば良かった、反省。

 

スイングの再現性を高める【フォローの右足の使い方】

 

「実際フォローって打った後だし関係ないでしょ??!」と思っていたのですが!ゴルフスイングで大切なのは、このブログでも毎回のように言っているのですが、”スイングの再現性”です。

 

ゴルフスイングの再現性を高めるために、フィニッシュの姿勢はひとつの大事な指針になります。

 

 

フォローでの右足の理想は、

右足の内側で地面を蹴る!!!

これです!!

 

多くのゴルファーさんは、右足でのけりが無く、フォローに入ってすぐにつま先で立ってしまっていることがほとんど。

 

実は、この下半身の小さな動きがボールの飛びにやスイングに大きく影響してきます。

 

特に、右足のけりは、プロのスイングを観れば一目瞭然!!

 

右足で蹴る!練習方法【フォローの右足の使い方】

 

さて、右足が最後のフィニッシュで外側にクイっとなってしまう癖が発覚した私。

 

内側で地面を蹴る!感覚をつかむべく練習法を教わりました。

 

方法は

①インパクトまでは通常通りスイング

②インパクトからフォローに入る瞬間に、右足を後ろに引く!

 

イメージは、バレリーナの決めポーズのような!笑

フィニッシュで右足が完全に一歩後ろに下がっているイメージです。

 

コレによって、右足のバランスと、上半身と下半身が引き合う身体の使い方を習得することができます。

 

1、2回このスイングをしたら、通常のスイングをして、また1、2回スイングして、、と時々練習に取り入れてみるのがおすすめです!!

 

さて、12月に入って今年ももう終わりですね〜〜

私は、新年の目標で「筋トレ」をあげていたことをすっかり忘れていて、まったく出来ていなかったので、今日から実践したいと思います!新年にここで、成果報告でもしたいと思います!!

 

では。