理想の回転つくれてる?【ショルダープレーンの作り方】

こんにちは。加藤凜です。

 

毎日暑い日が続いていますね〜

関東地方は雨も少なく水不足の夏になりそうです。

 

紫陽花も乾いてました↓↓↓

 

 

 

昨日は雨上がりの虹を見ながら、Spoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。

 

今日のレッスンのポイントは、理想の回転つくれてる?【ショルダープレーンの作り方】です。

 

新たなスイングチェッカーで、毎回スイングのチェックをしています。 バックスイングの癖も少しずつ改善してきたのですが、、

 

今回はショルダープレーンと呼ばれるスイングの軌道に着目して練習してきました。

 

 

ショルダープレーンとは?

 

  スイングプレーンのひとつとして、ボールと首の付け根あたりを結んだ線のこと。    

 

 

動画の中の上の方のラインです。

 

一方で下のラインは、シャフトプレーンと呼ばれトップでこの2本のラインの中にクラブがおさまるのが理想です!!

 

私は、トップからインパクトまでのスイングはだいたいおさまっていることが多いのですが、バックスイングでシャフトプレーンよりもクラブが上に行ってしまいます…癖になってます……泣

 

 

 

ショルダープレーンの重要性

 

ゴルフスイングは、肩と腰の回転をボールに伝えて距離を飛ばしていきます。

回転の力をそのままボールに伝えて飛ばすためにも、スイングショルダーを保つことが大切なんです!!

 

 

 

ショルダープレーン練習法

 

こんなに大切なショルダープレーンですが、スイング動画を見ながら練習してもなんだかコツが掴みにくい、、

 

レッスンで先生に教わるのが一番なんですが!!少しだけ、自分でも意識できるポイントを教えてもらいました。

 

それは、、、トップの時に右肩の真後ろまで左手を持っていくこと!!

 

 

”ショルダー”プレーンと言っているだけに、肩の回転を意識してしまいがちなんですが、私はこの方法が力を抜いたまま振り切れるのでオススメです!!

 

私は体が硬いので、ちょっと左の肩甲骨がキツイ、、お風呂上りに柔軟しなきゃ〜〜

 

 

 

もうすぐ学生生活最後の夏休み。なので今度こそ練習場デビュー!したいな〜〜