【目指せ飛距離アップ】ティアップ練習法のメリット

こんにちは。加藤凜です。

 

東京は夏日になりましたね〜〜

最近のゴルフの目標は、練習場デビュー☆なので日々都内の練習場をリサーチしています。

 

 

おすすめの練習場があったらぜひ教えてください〜〜やっぱり神宮外苑かなぁ。。  

 

今日もSpoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。

レッスンのポイントは【目指せ飛距離アップ】ティアップ練習法のメリット です。

 

前回に引き続き、、

 

前回→→→【目指せ飛距離アップ】ティアップ打ちでミート率アップ!  

 

 

ティアップ練習法で練習してきました!!  

 

前回はドライバーで練習していたんですが、今回は5番ウッドでもティアップで練習しています。

 

方法は前回と同じ!!いつもの練習よりも、高めのティーでボールを打つだけ!!ティーも一緒にナイスショット!しないように、ボールのみが前に飛んでいくようにします。    

 

 

 

 

今回はティアップ練習法のメリットについてさらに詳しくご紹介します。

 

ティアップ練習法のメリット① 入射角が安定したスイングが身につく

この練習法の難しいところは、高めに設定したティに触れないようにスイングするところ。
私自身も、この練習の1球目は必ずティも一緒に前に飛んでいってしまいます、、。正直、最初はすごく打ちにくいです。
これは単純に、ボールを狙えていない。ということではなく、スイングの再現性が低く入射角が安定していない。ということです。

 

入射角を意識しながら、フルスイングでもボールだけが前に飛んでいくスイングを目指すと、再現性の高いスイングが身につきます。

 

 

ティアップ練習法のメリット② 人工芝に騙されない!

 

 

ほとんどのゴルファーさんが練習場やゴルフスクールでは、人工芝で練習をしていますよね?

 

「人工芝の練習場ではうまく打てるのに、実際の芝のコースではダフリばかり、、」という方も多いのではないでしょうか。実はそれ、人工芝に騙されていたんです!
どういうことかというと、人工芝はソールが滑りやすく実際はダフっているのにも関わらず結果としてナイスショットになってしまったりしています。

 

この人工芝の滑りに騙されないためにもティアップ練習法がおすすめ。隠れダフリスイングでは、きれいにボールだけを飛ばすのは難しいです。脱・ダフリスイングを目指しましょう。

 

 

コース直前の練習にも、2~3球ティアップ練習法を取り入れてみるのがおすすめです。簡単かつ即効性抜群のティアップ練習法ぜひ試してみてくださいね。
では。