苦手克服!【ピッチングを使った、アプローチショットのコツまとめ】

こんにちは。加藤凜です。

 

新学期です!無事に!!進級できました〜!4月から大学4年になります。

これからは全ての行事が、「学生最後の」になると思うとすでに寂しいです。自分の好きなことを、貪欲に学ぶ1年にしたいと思います。

 

入学式や入社式などもあり、新たな環境で頑張り始めた方も多いのではないでしょうか?

 

先日、目黒川の桜まつりに行ってきました〜すごい人混みでしたがピンクのぼんぼりと、

まっすぐな川に映る桜がとっても綺麗でした!

 

桜が散り始めても綺麗なんだろうな〜〜。

 

 

いつもお世話になっているSpoonさんがこの春、新たな店舗をオープンさせるようです!

 

場所は、小田急線の代々木上原駅から歩いて3分。Spoon代々木上原店は、5月1日にオープン予定です。    

 

お近くにお住まいの方は是非、新規入会キャンペーンをチェックしてみてくださいね。  

https://school.golf-l.jp/schools/2194/index

 

 

 

↑写真は、代々木上原にあるモスクです。おしゃれカフェも多いおしゃれタウンです。

 

 

さて、今日もSpoon仙川店さんにレッスンに行ってきました。

今日は 苦手克服!【ピッチングを使った、アプローチショットのコツまとめ】です。

 

 

3月の初めの、コースデビューであきらかになった私の課題。アプローチです!!

 

コースデビューに向けて、練習していったのですが、結局ラウンドではグリーンの周りを行ったり来たり。飛距離を意識した練習をあまりしていなかったのが問題だったようです。

 

 

そこで今日は、

苦手克服!【ピッチングを使った、アプローチショットのコツまとめ】

①手首のコックの固定

 

小さめのショットのときの8時4時のスイングでは、手首をしっかり固定します。

 

ここでのポイントは、手首を固定するというよりもコックを解かない!という意識をすること。 ピッチングは重いため、手首を伸ばすアドレスになってしまいがちですが、いつもよりもお袈裟にコックを作ることが大切です。    

 

②振り上げるスピードと、振り下ろすスピードを統一

 

飛距離の調整は、クラブの振り幅の他にもスイングのスピードでも調整ができます。

 

ここでのポイントは、振り下ろす時のスピードだけをゆっくりにするのではなく、振り上げる時のスピードからゆっくりにすること!

 

均一なスピードにすることで、自分のスイングのタイミングを作りやすくなります。  

 

 

 

③力まずクラブの重さで落とす

 

手首のコックの固定を意識しながら、切り返しがうまくできるようになったら後は何も考えず、クラブの重みで振っていきます。

 

自然なスイングのために、体の前傾を最後まで維持します。

 

 

コースに出てみると、思いっきり飛ばすだけではない、微妙な飛距離の調整の難しさを実感します。室内レッスンでも、飛距離や力加減を想定した練習が必要なんですね〜〜たくさん練習して上達してまたコースに行きたいです!!

 

 

では。